GR Official Blog
オフィシャルブログ

  • BLOG 2016年10月12日

    ディレクター佐藤です。今回はパソコンを便利にするソフトを紹介!
    使えるシーンがあるかどうか微妙なソフトではなく、日々の仕事や日常生活で使う機会があるものばかりを厳選したので、是非使ってみてください!
    そして、全てタスクバーにピン留めすること。はかどりますよ。
     

    1.1クリックで好きなwindowを最前面に固定するフリーソフト「Pause」

    http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se468861.html
    【このソフトを使うと ・・・ テキスト入力効率が上がる】
    「画像に載っている文字を、テキストエディタやエクセルに文字起こししたい。」
    こんなシチュエーションでは、通常は左右にウィンドウを分けて作業をすることが多いかと思います。
    しかし左右に分割してしまうと、入力画面が狭くなってしまったり、使いづらいようなケースも出てきます。
    そこで役に立つのがこのフリーソフトです。
    任意のウィンドウを開いた状態でpauseボタンを押すと、そのウィンドウを常に最前面に固定してくれるスグレモノ。

    今回の例では、エクセルの前面に画像を表示しています。
    類似の「議事メモ」というフリーソフトもありますが、pauseの場合は好きなウィンドウを設定できる点が違います。

    エディタを大きく開いた状態で入力元を見ることができるので、作業効率UP間違い無し!
     
     

    2.スクリーンショット&画像の簡易加工の決定版「Monosnap」

    https://monosnap.com/welcome
    【このソフトを使うと ・・・ 修正イメージや説明を伝えやすくなる】
    WEBサイトの細部の修正や、画像の直して欲しい箇所を伝えるとき、どうしますか?
    画像に加えメールや添付のテキストで伝える場合もあれば、AUNを使うこともあれば、画像と口頭で伝えることもありますよね。
    しかし簡易的な引き継ぎに限って言えば、この「Monosnap」が現時点ではベストな選択肢でしょう。
    スクリーンショットを撮る機能と画像に矢印や文字を入れる機能が一緒になっているので、修正の内容やイメージ、解説をスムーズに伝える事ができます。

    その他画像のトリミングやぼかし、フリーハンド入力など幾つかの編集が可能です。
    説明ブログなどではこのソフトをメインに使っているところも多いようですね。

    3.軽量、多機能なフォトビューア(画像閲覧ソフト)「Honeyview」

    https://www.bandisoft.com/jp/honeyview/
    【このソフトを使うと ・・・ 画像を開くのが早くなる】
    windows7から10にアップデートした際のフォトビューアーの使いづらさが、このソフトを使うに至ったきっかけでした。
    10標準の「フォト」は使い勝手が悪すぎるし、7以前の標準ソフト(windowsフォトビューアー)に戻しても何故か以前より動作が重い、という方には是非おすすめしたいこのソフト。
    画像を開いた時のレスポンスが早いのはもちろん、慣れ親しんだwindowsフォトビューアーと近い使用感で使えるのが嬉しいところ。
    ホイールの設定を、画像の拡大縮小に割り当てたり、コントロールバーのロックを外したりするとより違和感なく使用できると思います。
     

    4.軽量のPDF閲覧ソフト「Foxit J-Reader」

    https://www.foxit.co.jp/downloads/download.php?id=32
    【このソフトを使うと ・・・ PDFを開くのが早くなる】
    windows標準のpdfリーダーや、adobe readerでpdfを開くのが遅い!という低スペックPCの方には、こちらがお薦め。
    pdfを開くのが目に見えて早くなり、開いている最中のメモリ消費も最小限に抑えることができます。ダウンロードには無料登録が必要な模様。
     

    5.画像の簡易リサイズならこれ!使い勝手◎の「Ralpha Image Resizer」

    http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se487522.html
    【このソフトを使うと ・・・ 画像の一括リサイズや圧縮、簡易的な補正がスムーズにできる】
    画像の一括リサイズや、容量の縮小を手軽に簡単に行うならこちらのソフトが個人的に断然おすすめです。
    mozなどが提供している圧縮専門のソフトより、(体感では)綺麗に小さいサイズに変換してくれます。
    右のタブから、明るさやコントラストの調整なども一括で行えます。
    普通に画像を保存するのには、横幅を2000px~3000pxあたりに設定し、設定タブの(品質)圧縮設定を85くらいにしておけば画像一枚当り400kbでそれなりに見れる画質になります。

     

    6.神速のファイル検索「Everything」

    http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/everything/
    【このソフトを使うと ・・・ PC内のファイル検索が頭がおかしいくらい早くなる】
    もうこれを使ったら、windows標準のファイル検索の遅さは何だったんだと言う感じになります。
    設定で共有サーバやリムーバルディスク(外付けHDDなど)もまたいだファイル検索ができるので、かなりおすすめ。
     

    7.windows10ユーザ必見!windows7の使いやすさを取り戻す「Classic Shell」

    http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/classicshell/
    【このソフトを使うと ・・・ windows10がwindows7っぽく使える】
    windowsを更新するとき、何が嫌かって使い勝手が変わることですよね。スタートメニュー一つとっても、いつも使っていた機能が移動してしまったり見当たらなかったり、四苦八苦される方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。
    そんなときにおすすめしたいのがこの「Classic Shell」というソフト。
    スタートメニューを7風やXP風に変更することが出来たり、8や10以降に実装された余計な機能をOFFにすることができたりと、かなーり役に立ちます。一度入れれば自動的に反映されるので、手間もありません。
     
     

    8.日本語の変換がお利口さんに。「Google日本語入力」

    https://www.google.co.jp/ime/
    【このIMEを使うと ・・・ あなたが変換したい言葉にすぐ変換できます。】
    これはソフトというかIME(文字の変換システム)ですが、意外と標準のIMEを使っている人も多い気がするので、紹介します。
    日本語には色々な読み方や漢字がありますが、中々思うように変換ができず苛立ちを覚えた経験はございませんか?
    検索を通し、日本で使われている単語などのデータを一番良く把握しているのは、googleではないでしょうか
    そんなgoogleが作った日本語入力だからこそ、常に使用率の高い単語に変換してくれるんです。
    マイナーな言葉だって、予測変換でこの通り

    「さついのは」の時点で「殺意の波動に目覚めたリュウ」を変換候補に出してくれます。
    IMEも、一度入れてしまえば後は自動で使えるので楽ですね。



    いかがでしたでしょうか。
    どれも地味なソフトですが、地味以上に役立つ機会の多いソフトであることは保証します。
    ちょっとした不便がなくなっただけでも、意外と快適になるものなので、是非活用してください。

  • EVENT 2016年10月3日

    こんにちは~ 初登場の業務推進課、たかはらです。
    今回は、先日行われました内定式の模様をご紹介したいと思います!

    ジーアールは今年、拡大路線の第一歩として、初の新卒採用活動を行いました。
    その結果、社長も太鼓判を押す6名(内定式の時点では5名)が、
    来年4月から私たちの仲間に加わります!

     

    式では内定証書の授与のほか、お一人ずつ入社に向けての意気込みを、発表していただきました。

     

    また社長、取締役からも一言ずついただきました。

     

    最後は、出席者全員でNo.1ポーズ!

     

    式終了後は、夜景が見えるおしゃれなレストランでの懇親会へ…(*’▽’)
    神奈川営業所の社員や、営業の第一線で活躍する若手社員とも話す機会が設けられました。

     

     

    この日は、内定者同士もほとんど初対面だったため、皆さん若干緊張気味でした…
    私の経験ですが、仕事をしていて壁にぶつかったとき、同期は心の支えでもあり、
    新卒1年目、まだ右も左もわからず手探りで社会を進む中、助け合えるホッとする存在でした。

    内定者の皆さんも懇親会や、今後行われる研修を通して、絆を深めて欲しいと思います!

    ジーアール新卒一期生の今後に、こうご期待!!
    次回は、内定者研修の模様をお伝えいたします~!

  • BLOG 2016年9月28日

    どうも、ディレクターのサトーです。
    弊社では、京セラやKDDIの創業者であり、JAL立て直しの立役者でもある実業家、稲盛和夫氏の人生論「フィロソフィ」を学ぶ機会を週1で設けています。
    「人間には本来無限の成長の余地がある。今出来ないことでも、きっとできるようになると自分の可能性を信じて努力をしよう。本心からそう思って努力すれば、人間いくらでも成長できる。」

    要約するとそんな内容だった今回のフィロソフィ。
    思えば、子供の頃はもっと万能感というか、「大人になればなんでもできる!自由なんだ!」という前向きな気持ちで溢れていた気がします。
    それがいつしか薄らいでしまったのはいつからでしょうか。
    長く生きてきた上で味わった成功と同じくらいかそれ以上に味わった様々な挫折や失敗、世の中に溢れる様々なネガティブな情報。
    それらが、現実的(悲観的)な「自分の可能性は冷静に考えてこのくらいだろう」という枠をいつの間にか形作ってしまったのかと思います。
    一方で、フィロソフィの考え方に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」という言があります。
    物事を始め、成功に導くにはまず最初に楽観的でポジティブな発想からスタートし、戦略を練る時には慎重で悲観的に計画し、実行をするときには楽しみながら没頭する。
    要するに、楽観的な考えも悲観的な考えも、物事を成し遂げるには「両方」必要な物だと説いているわけです。
    いくら「 人間には無限の可能性がある」と聞いても、大人になり、社会人になり、今迄の経験から「自分は本当に何かを成せるのか?自分に本当に可能性はあるのか?」と不安になる人もいるでしょう。
    「そんな悲観的な考えを持っているあなただからこそ」、「大人になって酸いも甘いも知っている今だからこそ」あと少しだけ自分の可能性を信じて楽観的にチャレンジをすれば、思いもよらない自分の更なる可能性に気付くことができるのではないでしょうか。
    そして、感情が沈んでいるときには、自分の可能性を信じる事はもちろん、楽観的に物事を考える事すら中々出来ないものです。
    逆に人生楽しければ、「謎のエネルギー」「謎の自信」が出てきます。
    何かにチャレンジする前向きな気持ちを持つためにも、仕事も仕事以外でも、人生思いっきり楽しんでなんぼ、じゃないでしょうか!
    HPの運営も、お客様に楽しんで運営していただけるように色々考えて行かなければなりませんね。

  • EVENT 2016年8月8日

    こんにちは!広報担当のヒロシです。
    本日は、8月5日に執り行いました、第12期のジーアール経営方針発表会についてご紹介します!
     
    さて今回は、オーシャンビューが素敵な会場での開催です!
    東京湾を一望!
     
    今期のスローガンは・・・

    夢のスタート!

    ジーアールが夢に向かってまっしぐらの重要な1年になりそうです!
     

    1年間の集大成-年間MVPと年間特別賞の発表!

    受賞したS山さん(中央)とF澤さん(右)
    お二人とも受賞おめでとうございます!!拍手( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ
     
    みんな真剣な面持ち
    No.1ポーズで集合写真

     

    第12期もジーアールは進化し続けます!!

    皆さま引き続きよろしくお願いいたします!

  • BLOG 2016年7月22日

    どうも、WEBディレクターのサトーです。
    日本の情報ブログに掲載されているSEOの情報については、
    海外のサイトの記事を翻訳したりしているものが多いですよね。
    海外ではgoogleのスタッフによるトークセッションやライブ配信、twitterによるSEOについての質疑応答などのやりとりが積極的にされている為、
    一次情報源はどうしても英語圏に偏ってしまいがち、という感じかと思います。
    一般のサイト管理者からの質問にも結構答えてくれるスタッフもいるらしいので、
    英語を勉強して色々質問してみようかな!なんてのも思ったり思わなかったり。
    そんな事情はさておき、海外のSEO関連のサイトでも信頼性の高い「Search Engine Land」というサイトがあります。
    http://searchengineland.com
    このサイトの右下に載っている元素周期表のような表。
    これがSEOの成功要因一覧表(!)らしいです。
    実際に見てみると、SEO対策の主要な要素を重要度別、項目別に大変分かりやすく視覚的にまとめてあり、SEO対策の大枠を把握するうえで大いに参考になる物だと感じました。
    日本語のブログでもいくつかこの表を翻訳してあるサイトが有りますが、
    先達の方々を見習い、単なる翻訳に留めず「考察/解説」していきたいと思います。
    また、日本語に翻訳した表も作ってみましたので、新人のWEB担当者の勉強資料などにもぴったりかもしれません。

    では行ってみましょう!
    だいぶ長いので、項目ごとに分けます。
    まずは「コンテンツについて。」

    【はじめに】

    こちらの表を、「ランキングファクター一覧表」と訳す方もいらっしゃいましたが、良くみると検索順位に関わる要素というより、
    「SEOを成功させるための要素一覧表」というニュアンスが近いかと思います。
    そのため、ディスクリプションなどの順位には影響しないけれどしっかりと対策をすれば流入数が改善される、といった要素も重要度が高く設定されています。
    要するに、SEOの要素を全て羅列するために書かれたようなものではなく、極端に影響度が低い要素や不確定な要素などはあえて省き、
    「重要度が高く力を入れるべき要素」を分かりやすくまとめた表だとご理解ください。
    (赤い四角の中はペナルティ、数字は影響を与える大きさです。)
     
     
     

    【コンテンツ】

    ■品質(クオリティ)[3]

    ページ内及び下層ページのコンテンツが高品質か。また、十分な量があるか。
     

    ・品質について

    「コンテンツコンテンツうるせええええ高品質高品質うるせええ!!!」
    ・・・というのは今や皆様の共通認識かとは思いますが、どうか抑えて下さい。googleの「コンテンツ依存症」は当分の間続くでしょう・・・
    googleが発表した「検索品質ガイドライン」では、「EAT」”専門性”、”権威性”、”信頼性”が含まれるコンテンツが高品質なコンテンツだと記載されています。
    これは抽象的な表現で少々わかりにくいですね。
    他のブログからの引用ですが、「事実を、掘り下げて、わかりやすく書く」と理解するのが分かりやすいですね。
    事実が書かれている事が「信頼性」に繋がり、内容を掘り下げる事が「専門性」に繋がり、分かりやすく興味深い文章は人気が出て「権威性」に繋がります。
    最近のSEOツールではページの中の「ユニークな単語数」なども計測しており、ユニークな(他のサイトと被らない)単語の多さも、「どれだけ掘り下げて説明しているか」の指標となっていそうですね。
     

    ・量について

    質より量?量より質?この論争は永遠のテーマですが、SEOにおいては「バランスが大事っすね」としか言えません。
    「人生太く短く!」とか言いながら、考えに考えた短文を一行ぐらい書いてドヤ顔でエンターキーを押しても、残念ながら結果には結びつかないことは容易に想像できます。
    テキスト量については、膨大なデータを元に、上位表示されたサイトの傾向を調べた興味深い記事があります。
    http://www.seojapan.com/blog/search-engine-ranking
    上記記事によると、短文より長文のサイトが上位表示されているというのは、データを見る限りでも事実であるようです。
    「長いのが良いのはわかったけど、どのくらい?」という疑問に対しては、英語の単語数であれば1,900単語程度が適当だとのことです。
    1単語が3~5文字程度だとすると、日本語の場合の文字数は単純計算で5700~9500文字となりますが、これでは少々長すぎる気もしますね。
    http://seolaboratory.jp/seotext/
    こういったツールで、上位表示(10位以下)されている日本語のサイトの文字数を調べると、どのジャンルでも2500~5000文字程度の文字数が上位表示サイトの平均となっている様です。
    もちろん、ドメイン年齢が高いサイトほど更新の機会が増えテキスト量が増えている場合もあるでしょうし、この結果が全てテキスト量のみによって生み出されたものでは無いはずです。
    今日日、「ただ長ければ良い」とは言いませんが、「高品質なテキスト」という大前提をつけた上であれば、テキスト量が多いコンテンツが有利であることはまず間違いないと言えるでしょう。
    ちなみに、TOPページに情報量が少なくても下層ページでカバーすることもある程度は可能だとは思います。しかしTOPページと下層ページ両方に十分な量のコンテンツがある方が上位表示されるのもまた、事実だと思います。
     

    ■調査(リサーチ)[3]

    検索に使われるキーワードの調査、選定。
    ・検索順位を上げるにも、どのキーワードで上位で表示されるかによって上位表示を達成した時のアクセス流入数と、目標達成率も大きく変わってきます。
    極端な話、ラーメン屋なのに「ハムスター 殺人 事例」とかで対策をしていてもなんの意味もありませんし、もはや意味がわかりません。
    それはそれとして、少なくとも
    「そのキーワードが果たして多くの人に検索されていて、上位表示が出来た際に一定以上のアクセスが見込めるものか」
    「興味を持った内容とホームページの内容がマッチするようなキーワードか」
    この2点は必ず抑えておく必要があります。
    月間検索数(月に検索されている数)が数千、万単位になるようなビックキーワードでは上位表示は難しいですし、月間検索数が10に満たないようなスモールキーワードではいくら上位表示が達成できたところでそれ単体では目標達成(コンバージョン)に繋がるようなアクセス数の増加は見込めません。
    中小企業や個人店の場合は、数百~千前後の月間検索数のミドルキーワードの上位表示をメインの施策として、補助的にスモールキーワードを数多くロングテール的に狙っていくのが良いバランスだと思います。
    メインとする「ミドルキーワード」に関しては、googleのキーワードプランナー等で詳細な月間検索数を把握した上で選定する事をおすすめします。
    「スモールキーワード」に関しては、SEMRUSHやKeyword Toolなどでサジェスト(どのようなキーワードが一緒に調べられているか)を調査し、選定する感じが良さそうです。
     

    ■単語(キーワード)[2]

    狙ったキーワードがページに入っているか?
    ・タイトルタグやH1タグ内にとどまらず、本文などのメインコンテンツにキーワードが含まれているか、という点です。
    流石に、狙ったキーワードが全く本文中に含まれていない、という状況はなかなかないかと思いますので、キーワードを「どのような形で」「どの程度」
    使用する事が好ましいのか、下記より考察をしてみたいと思います。
    http://seoconsul.jp/blog/contetseo/cont-keyword_551
    他力本願な答えですが、上記のサイトの解説が分かりやすいと思います。
    「キーワード出現数を○%にすれば間違いない」といった考え方は古く危険な物ですが、それでも狙ったキーワードが使われている数が極端に少なかったりゼロというのも考えものです。
    上記のサイトでのリサーチ結果によると、上位のサイトでも3%や7%などばらつきがありますが、最低でも2.3%のキーワード出現程度は確保しているようです。
    重ねて申し上げますが、いくらキーワードを文中に入れ込んでも、ただのキーワードの羅列だったり、無理くりキーワードを使った底の浅い記事になってしまっては意味がありません。
    きちんと内容を掘り下げた価値のあるコンテンツの中に、自然に複数回キーワードを入れることができれば、その際は間違いなく良い影響を与えるでしょう。
     

    ■新鮮(フレッシュ)[2]

    コンテンツは新たに更新されたものであり、尚且つ話題性のあるものか
    ・googleの検索結果に関わるアルゴリズムの一つに、「QDFアルゴリズムやフレッシュネスアルゴリズム」という物があります。
    このアルゴリズムは、検索クエリ(キーワード)の種類により影響度が変わります。
    時事ネタなどの情報の鮮度が重視されるような話題に関しては、書きたてほやほやの記事はこのアルゴリズムの補正と相まって検索順位が上がりやすくなることでしょう。
    一方で、そこまで情報の鮮度が求められないような検索クエリ(キーワード)も存在します。何かのハウツー記事や深い研究や考察をまとめたような記事は、鮮度が落ち時間が経っても価値があるコンテンツだからです。
    ・上記をまとめると、鮮度が検索順位に影響を及ぼす場合とそうでない場合がありますが、順位以外の観点から行っても定期的な情報更新は有意義です。
    最終更新の日付が数年前なんてことになってしまうと、単純にそれだけでも悪印象を与えかねません。
    とは言え、日付や細かい単語をいじっただけであったり、一行程度の状況報告をする位のうす~~~い更新内容では、
    順位の観点からいっても印象の観点から言っても効果は薄いです。大変ですが今回の「品質」について学んだ通りのコンテンツ制作を心がけましょう。
     

    ■深さ(バーチカル)[2]

    画像や動画、地域ネタ等、コンテンツが縦方向に展開されているか
    ※日本語の表では独自性と書いてしまいましたが、深さ、という表現が適切かと思います。
    ・単純に専門性を追求し、細かく詳しいコンテンツを作らなくても、価値あるコンテンツを作り出すことは可能です。
    分かりやすい画像を用意したり、眺めるだけで理解ができる動画を用意したり、事柄をより身近に感じられるような地域ネタを交えて説明してみたりすること。
    これもまた、立派にコンテンツを掘り下げる行為です。
    これらのコンテンツの価値をどれだけgoogleが評価してくれるかは謎ですが、訪問者が感じる価値の上昇は言うまでもありません。
    地域ネタなどは検索の順位にも影響を及ぼしそうな気配はありますが、順位だけではなく、ホームページを通じての目標達成については、間違いなく良い影響を与えるでしょう。
     

    ■答え(アンサー)[1]

    コンテンツの内容が、検索者の要望に応えた(答えた)物であるか?
    ・検索クエリには様々な種類があります。例えば、「猪 弱点」で検索があった時の事を考えて見ましょう。質問型の検索キーワードとしてはまあ一般的です。
    この場合、検索者は猪を倒すために弱点を知りたがっている、と容易に推測することが出来ます。
    検索エンジンの精度も上がっており、「猪とその弱点の考察」という内容のサイトと、「猪と、旧ドイツ軍のV号戦車パンテルの初期生産型が抱える弱点についての考察」という内容の2つのサイトが有れば、
    検索者の質問の意図を組んでいるサイトは間違いなく前者だと認識するはずです。
    たとえ文章量や「猪 弱点」といった単語の量が一緒だったとしても、前者のサイトがより検索者に適切な答えを用意していると判断されるでしょう。
    ・まとめると、検索者の意図を汲み取り、「問題解決」ができるようなコンテンツは価値があり、ユーザーとgoogle双方から良い評価を受けることになります。
     

    ■浅薄(THIN-薄い-)[-2]

    「薄い」、「浅い」コンテンツ、実質的な内容が無いコンテンツ
    ・カルピスには価値があります。
    しかし、カルピスをうすーくうすーーく希釈した、味の無い液体には果たして価値があるといえるでしょうか?
    想像してみてください。カルピスだと思って飲んだら全然味がしないんです。
    しかもその割に、舌にカルピスとかヤクルト特有の白いやつばかり溜まっていきます。
    その様な液体で自宅の訪問者をもてなした場合、訪問者はどのような感情を抱くでしょうか?
    「あなたの評価が下がる」ということは間違いないでしょう。
    以上、だいぶ長文になってしまいましたが、「コンテンツ」についての要素を自分なりに掘り下げて解説してみました。
    「構造(アーキテクト)」など他の項目に関しては、次回以降解説していきたいと思います。